Cluex Developersブログ

株式会社Cluexでは、子育てをするママのためのメディア - mamanoko(ままのこ)をRuby on Railsで運営しております。

自己紹介 - 高島

f:id:cluex-developers:20170606100933j:plain

はじめまして!入社3ヶ月目のエンジニアの高島です。
今回は初ブログ記事ということで、技術記事は免除してもらい、自己紹介をさせて頂きたいと思います。

と言いましても、入社までの経緯や理由に関しては以前Wantedlyのインタビュー記事を書かせて頂きましたので、興味がおありでしたらぜひご覧ください。 www.wantedly.com

ここでは入社してからの所感について書かせて頂きますね。

入社してからの振り返り

振り返ってみて、この2ヶ月は今までの経験や考え方とのギャップを埋める期間だったなと感じます。

前提

自分の今までの開発経験は、専門学校で作成していたものを含めても(クオリティはさておき)、

機種 言語 内容
Windows C,C++ シューティング2D,3D
C++ ノベルゲーム
音ゲー要素持たせたブロック崩し
C# 帳票アプリ
Xbox C# アクション2D,3D
iPhone C++ ミニゲーム
アクション

など、思い出せる限りでこのような感じなので、今までWebに関わったことがありませんでした。 通信周りもなかなか理解ができなくて、避けて通って来ていましたし、ほぼWebの知識はないと言っても過言ではないところからスタートしました。

ギャップ1: Git

今までの開発環境で使っていたバージョン管理は、Subversionでした。 大した違いはないだろうと思っていたのですが、PullRequestやrebaseなど、耳慣れない言葉がポンポン出て来て戸惑いました。 SVNを使ってる時も、既にあるブランチにぽんぽんコミットしていったり、マージしたりしかしていなかったので、リポジトリに対しての意識もなかったですし、どうにもブランチ切るのがおっかなびっくりになります。 未だにPR出すのもドキドキします。

ギャップ2: インプットの習慣

これは本当にお恥ずかしい話なのですが、今までは自分の興味のある情報をたまーにチラ見したりする程度で、最新技術を追ったり、常に情報を仕入れたりはしてきませんでした。 最新ゲームや最近のゲームの動向は掴もうとしていましたが、それも海外のサイト見たりしてた訳でもないですし、今思えば甘かったなと思います。
Web界隈は範囲も広ければ、流行り廃りも早く、常に情報収集は当たり前の世界なので、生活の中でインプットしていく習慣をつけないとついていけないと思いますが、この習慣をつけることに今一番苦労しています。 技術系の基礎を身につけながら、情報のキャッチアップをしていくという2本立てにどう時間配分をするか、早く落としどころを見つけたいと思います。

ギャップ3: 公開までの工程

サイトの開発だと、Staging環境で動作確認をして、その後即リリースという流れですよね。 このリリースの早さが良くもあり、怖くもあります。 というのも、α→β→マスター版の工程や、テスターの存在になれきっていたのもあって、「ここで全部のバグを検知出来ないと本気でまずい!」という危機意識が薄いところがあったからです。 Cluexではコードレビューがあるのですが、それがなかったらと思うとぞっとしますね。もっと慎重さを持って、気をつけていかないといけないなと思います。 レビューは、まだまだ分からないところが多く、人がレビューしたのを見たり、質問するばかりですが、早く有意義なレビューをしていきたいと思います。

ギャップ4: ベンチャーでの開発

一人の采配が大きいという理由もあって、ベンチャーを選択しましたが、自分が予想している以上で、戸惑う程でした。 任せて頂いたタスクがユーザーに直結しているというのを日々痛感します。
また、苦手なところも自分でやらなくてはいけないのも、ベンチャーならではかなと思います。 今までは行き詰まって、ここで詰まっててこのくらい遅れそうですと報告すると、そのタスクは掬い取られて他のタスクを回される、ということが多かったので、苦手なものはあまり回されてきませんでした。 しかし、人数がそこまでいない状況だと自分が必要な分は自分で準備する必要があるので、苦手とも言ってられず、やるしかありません。 追い込まないと動かない(自分のような)人にはうってつけですね。ちょっと焦りますけど。

これから

大きくギャップがあったのはこの辺りでしょうか。
入社して2ヶ月と少しが経ち、今ようやく概要を掴めたかなと感じています。 これからは、使われている各技術についての基礎知識をつけていかなければと思います。 焦ると碌なことにならないのは今までの経験から分かっているので、焦らず急いで、しっかりアウトプットしながら一つずつ技術を習得していきます。

これからもよろしくお願いします。

We’re hiring!!

Cluexではエンジニアサイド、ビジネスサイド共にメンバーを募集しています!
お気軽にご連絡下さいませ!エンジニアの方、ぜひ情報交換しましょう! www.wantedly.com www.wantedly.com

広告を非表示にする