読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cluex Developersブログ

株式会社Cluexでは、子育てをするママのためのメディア - mamanoko(ままのこ)をRuby on Railsで運営しております。

エンジニア・ディレクター陣含めて合宿に行ってきました!in日光

こんにちは、人事兼ディレクターの小川です。

先日、社員・インターン生含めて6名で2泊3日の開発合宿に行って参りました! f:id:cluex-developers:20160312215204j:plain たまたまネットサーフィンをしていた時に見つけた、某インターネット関連の大手企業さんにあやかって日光にあるペンション「はじめのいっぽ」さんにお邪魔してきました!その時の合宿の様子をレポートにしてみました。

なぜいったのか

今回の開発合宿では、ただコードを書くというものではなく、エンジニア・ディレクター陣含めて「理念会議」を行うことがメインでした。個人の課題、会社の課題をエンジニア・ディレクターの双方向から話しあい、お互いの思いや考えを共有しよう、というものです。

「理念会議」とは?

メンバーが将来目指すビジョン、今現在抱えている思いなどを共有する場を「理念会議」と名づけています。日頃話せないようなことを赤裸々に語ることにより、チーム全体の士気を高める場となっています。

さらに、この開発合宿の各チームの目標は以下の通りです。

  • ディレクター「サービスの改善点を洗いだす・洗いだした改善案をタスクまで落としこむ」
  • エンジニア「テストカバレッジ95%以上」

それでは、合宿の様子を振り返ってみたいと思います!

1日目

  • 10時:出発

f:id:cluex-developers:20160312191557j:plain

みんな朝から元気ですね。「社長の顔が凄いことになってる・・」初日の元気は合宿最終日まで持つのでしょうか?

  • 13時:チェックイン

f:id:cluex-developers:20160312191910j:plain

大手製薬会社の営業マンからエンジニアに転身した志村さん。日頃はムードメーカーとして場を盛り上げてくださっています!

  • 14時:作業タイム

f:id:cluex-developers:20160312190751j:plain

「あれ?黄昏れてる?」

ペンション内は、静かな環境で落ち着いて仕事に取り組むことができます。

1日目は、ディレクター陣は「よりユーザーにとって価値のあるサービスにするためには?」をテーマにして会議を行いました。より会議を質の高いものにするため、スマートフォンのUI/UXにテーマをセグメントしました。数値を元にページ単位のミクロ分析とサイト全体のマクロ分析の2つから徹底的に問題点を洗い出しました。洗い出されたデータを元に必要となる機能のみ具体的なタスクに落とし込んでいきました。

  • 20時:夕食

f:id:cluex-developers:20160312191252j:plain

一日目は「すき焼き」でした。ペンションの方の粋な図らいで大量のお肉を用意していただきました!

f:id:cluex-developers:20160312213443j:plain

メンバーと鍋を囲んで美味しく頂きました!

美味しいお肉ってボリューム感凄いんですよね。食べ過ぎました。。この後の仕事はかなり眠かったです。

  • 21時:作業タイム

f:id:cluex-developers:20160312192130j:plain

エンジニア陣は朝4時までテストカバレッジ95%を達成するべく必死に格闘していました。

2日目

  • 9時:作業タイム

f:id:cluex-developers:20160312213129j:plain

変な人がいる・・。 あまり寝ていないので、テンションがハイになっているみたいです。

ディレクターは各々が担当する業務を進めていました。エンジニア陣は引き続きテストカバレッジ95%に向けて黙々とパソコンに向かっています。

  • 14時:「理念会議」

f:id:cluex-developers:20160312213237j:plain

2日目の午後は、いよいよ理念会議です。今回の開発合宿の一番のテーマですね。

理念会議で行われた議題は主に2つです。

  1. 自己分析(個人の今の課題と、将来の目標)
  2. 会社の現状課題を話し合う

①自己分析(個人の今の課題と、将来の目標)

事前に準備してきた個人の課題や将来の目標をみんなの前で発表。その後でメンバーから発表した内容のフィードバックをもらいます。フィードバック中に普段では聞けない会話がいくつも出てきました。特に幼少期にどんな人間だったのか、という話になった時はメンバーの意外な一面を聞くことができました。

②の会社の現状課題を話し合う

今後の経営戦略などの話も出ましたが、会社の衛生面強化など日頃の一面を見直すキッカケの場になりました。それぞれが思う問題点を一度に聞くことができ、今後の仕事への取り組みがより一層引き締りました!

  • 20時:食事

f:id:cluex-developers:20160312213423j:plain

2日目は、「炭火焼き」でした。みんな満腹状態の中、社長は「食事を残すものは経営者になれん」という思いから残りの食材を食べつくしました。この後、強烈な眠気が襲ってきたのは言うまでもないですね。

3日目

  • 9時:仕事

f:id:cluex-developers:20160312213527j:plain

「おっ、イケメンポーズ?」

いよいよ合宿最終日です。ディレクターもエンジニアもラストスパートを掛けます!

  • 12時:チェックアウト

f:id:cluex-developers:20160312214355j:plain

3日間濃い時間を過ごすことができました。ちょっとお疲れ気味の方も・・?

f:id:cluex-developers:20160312213614j:plain

合宿の最後に日光東照宮へ観光にきました。

f:id:cluex-developers:20160312213625j:plain

翌日に筋肉痛の人間も・・

f:id:cluex-developers:20160312213721j:plain 記念写真

「見ざる、言わざる、聞かざる」のつもりがシャッタータイミングが合わず聞かざるだけに・・

終わってみて・・

f:id:cluex-developers:20160312214812j:plain

落ち着いた環境の中、会議などもスムーズに進んでいき充実した3日間でした。温泉に浸かって仕事以外の会話をすることもとてもよかったですね。温泉の時の写真もあるのですが、自主規制とさせていただきます。今回の合宿の目的であった「理念会議」はチームとしてより結束力を高めることになったのではないか、と感じています。日頃から業務の会話や雑談はされていると思いますが、中々自分の将来についての思いや考えを話すことは少ないのではないでしょうか?是非みなさまも「理念会議」、試してみてください。

長期の休みにはまた開発合宿を行いたいと思います。

以上です。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

良かった点

  • 静かな環境で集中して仕事ができた
  • ペンションの方がおすすめの温泉を教えてくれたり、とてもあたたかみを感じれる
  • 環境が変わってリフレッシュしながら仕事に取り組めた
  • 料理が美味しい(炭火焼きおすすめです!)
  • アットホームな雰囲気でチーム全体として結束力が高まる
  • 会議のテーマを事前に決めたいたこと

問題点

  • 近くにコンビニがないので、車を使わないと移動ができない
  • 長時間イスに座っていると、腰が痛くなる
  • 2泊3日だとちょっと短い
  • 平常の業務を行ってしまい、達成感が少なかった(ディレクター陣)

次回に向けて

  • 1週間ほど時間をとって行いたい
  • 合宿が終わった翌日を休日にしたい
  • 近くにコンビニがあるところ
  • 昼に温泉に入らない
  • チームとして達成感のある作業があるといいかも