Cluex Developersブログ

株式会社Cluexでは、子育てをするママのためのメディア - mamanoko(ままのこ)をRuby on Railsで運営しております。

インターン生の村田です!

はじめまして、慶應義塾大学2(3)年の村田正之です。

2016年4月から株式会社Cluexでエンジニアとしてインターンをしております。 よろしくお願いします。あと、上のカッコはあまり気にしないでください。

株式会社Cluexで働く前

Cluexにジョインするまでは所属していた学生団体の活動に多くの時間を割いていました。大学と深い関係もありその歴史は10年以上という、学生団体としては比較的しっかりとした方だったと思います。そこではビジネスコンテストの運営、もう少し堅い言葉を使ってしまうとインキュベーション活動をしておりまして、最終的にはその代の副代表も務めておりました。

当時はあまり意識していなかったですが、その学生団体では本当にたくさんのことを勉強させていただきました。 リーンスタートアップやデザイン思考といったアイデアやビジネスの創造においての基本的な概念を学ぶことができましたし、僅かではありますが、マネジメントや組織の形成の仕方、ファシリテーションと言った汎用的な能力も身につけることができました。 ファシリテーションなどの能力はエンジニアと無縁に見えることもあるかもしれませんが、チームで開発をしていく上では非常に大切な能力の一つであり、現在でも活かされている場面が多いと思います。 そのようなことを学ばせていただけたという意味で、現在でもその学生団体には感謝を忘れることはできません。 しかし活動期間がありましたので、活動終了後は特別に打ち込むものもなく普通の学生生活を送っていました。

株式会社Cluexのインターンに応募したきっかけ

その学生団体のビジネスコンテストを運営していく中で、ものづくりができる人の強さを目の当たりにしてきました。 特に能力の高いエンジニアを抱えているチームはアイデアにとどまらず素早く行動に移すことができるため、短期間でピボットを繰り返していることがとても衝撃的でした。 

実はそのあたりから密かに、「エンジニアってかっこいいなあ」という憧れを抱き始めました。

そこで密かにプログラミングの本を購入して独学で勉強を始めました。 ただ、自分はエンジニアのコミュニティに属していなかったので、チャレンジしても誰にも相談できないまま解決できないということが何度か続き、結局挫折してしまいました。 そうしている中で、「もしプログラミングを学ぶなら優秀なエンジニアがいてスピード感のある環境に身を置きたい」と思いインターンを探していたところCluexというスタートアップを発見して応募しました。

当時は初心者でも受け入れてくれたので面接の応募をしたのですが、面接に行った際にサービスとプログラミングが大好きな人たちが働いている様子を見て、「ここでエンジニアとして働きたい!!」と感化されてしまいました。

いまやっていることと将来やりたいこと

Cluexでは2つのチームに分かれて開発を進めております。 1つがWebAppTeam、もう1つがNativeAppTeam(iOS)です。 私は前者のWebAppTeamでRubyonRailsを使って開発を進めています。 インフラ周りはまだほとんど触っていませんが、フロントエンドとバックエンドについてガリガリ書いています。

休みの日は業務以外のプログラミングを楽しんでいます。 最近はRubyメタプログラミングを勉強してるので、今週の日曜日は有名なgemの中身を読んでみようと思ってます。

今後はもっとミドルウェア周りを色々遊んでみたり、サーバーもいじっていきたいです。 あとハードにも興味があるので将来的にはソフトだけではなくて、ハード側も勉強したいと思っています。 ただ今から他の言語に浮気してもうまくいきそうにはないので、まずは我慢してじっくりRubyRailsに慣れていこうと思います。

Cluexではエンジニアの方を募集しています!

エンジニアリングと同時にビジネスマンとして成長したい、スタートアップで働いてみたい、もうレガシーな環境で余計な苦労しをたくないといった方など、 興味がある方はご連絡下さい。 https://www.wantedly.com/projects/60136